2012年09月22日

H24地価調査 埼玉県の結果は?

平成24年都道府県地価調査(平成24年7月1日の土地価格)が9月19日に発表されました。
地価調査とは、都道府県知事が不動産鑑定士の鑑定評価に基づき毎年7月1日時点における調査地点の正常価格を判定するものです。地価公示(毎年1月1日時点の土地価格)と相互に補完するという関係にあります。

今回、埼玉県の調査地点737箇所のうち、地価上昇地点が3、横ばいが55、地価下落が679地点という結果となりました。
平成23年7月の地価調査では、786地点全てが下落、平成24年1月の地価公示では、1713地点のうち横ばいがわずか1地点、他は下落だっただけに、上昇地点が見られたことは嬉しいかぎりです。

上昇地点は
さいたま市浦和区岸町の住宅地 2地点
さいたま市大宮区桜木町の商業地 1地点
でした。

やはり県内住宅地人気bPの岸町は強いですね。
特に教育環境を重視する子育て世代からの人気は不動でしょう。
大宮区桜木町(大宮駅西口駅前)も区画整理が進行中で更に発展が見込まれます。

県全体の用途別の対前年度平均変動率は
住宅地 −1.7%(前年度−2.7%)
商業地 −2.0%(−3.3%)
準工業地 −1.4%(−2.6%)
工業地 −1.9%(−2.7%)
市街化調整区域内宅地 −2.5%(−3.7%) 
となり、全用途で前年度より下落幅が縮小しました。

但し、利便性の劣る地域等においては、下落率は依然大きく、
地価の二極化が続いています。

埼玉県の地価調査地点の詳しい情報はこちら↓

埼玉県HP 平成24年地価調査


posted by rea8428 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

相続税路線価が公示価格水準の80%の理由

相続税路線価はなぜ公示価格水準(時価水準)の80%なのでしょうか?

 それは、路線価による簡便評価が本来の時価を上回ることの無いように、評価上の安全性を考慮して定められたものだからです。
 相続財産は多種多様なので、時価を適正に把握することは容易ではないこと、納税者間で評価が区々になることは課税の公平の観点からいえば好ましくないこと(事務の統一性を図る必要性等)等を考慮し、評価基本通達が定められ、土地の価額については具体的に路線価等が定められています。
 
 また、路線価は、毎年1月1日を評価時点として、公示価格、売買実例価額及び不動産鑑定士等の精通者意見価格等を基に、公示価格水準の80パーセント程度により評価され、これが一年間適用されますので、(地価下落局面においても年初と年末の評価額は同じ)その間の地価変動に耐えうるために、はじめから時価よりも低めに設定されているのです。

 相続税法第22条では、「相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の取得の時における時価による」と定められています。これは必ずしも路線価による評価額の適用が強制されるわけでは無く、不動産鑑定評価等によって、適正な時価が判明しているときは鑑定評価額によることが出来ることになっています。
 よって、相続税路線価による評価額が、本来の時価=不動産鑑定評価額を上回る場合には不動産鑑定評価額による申告が出来ます。特に地価下落局面で、相続発生が年の後半だった場合等は、路線価による評価は1月1日以降の地価変動を考慮することが出来ませんが、鑑定評価では地価変動を考慮することができるため、評価減となる可能性があります。また、画一的評価で対応できないような特殊な画地等についても評価額減となる可能性があります。
 気になる不動産をお持ちの方は、是非一度ご相談下さい!
住宅地.jpg
posted by rea8428 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 知って得する鑑定の極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

相続のお悩みは虹相続へ

チーム虹相続のご紹介

チーム虹相続とは「相続問題解決に特化したプロフェッショナル集団」です。
埼玉県を中心に相続相談実績1300件以上(平成23年12月31日時点)のメンバーが無料相談対応をしています。

日本唯一の相続専門コンサルティング会社「埼玉県相続コンサルティングセンター」を窓口として
相続コンサルタントを中心に、弁護士、税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、不動産売買、不動産鑑定士等の専門家のサービスを、ワンストップで提供しています。

相続は気になるけど、何をすれば良いのかわからない方、
相続税節税対策、相続税申告、相続登記、遺産分割、相続税還付など
相続に関する事なら何でもご相談下さい。

nijisouzoku.jpg

宜しくお願いいたします。

2012年08月15日

パソコン液晶画面の修理代

調査中の出来事
車で調査中、助手席においてあったノートパソコンの画面をを慌てて閉じたところ、
電源コードを挟み、液晶画面を割ってしまいましたどんっ(衝撃)

メーカーに問い合わせたところ、修理費用は5万円exclamation&question
中古で同機種が購入出来る金額ですバッド(下向き矢印)

そこで、修理業者5社に見積依頼してみたのですが、どこも3万円前後。

3万円は払えないので、どうにかならないかと調べたところ、
修理方法動画がアップされているお店を発見したので、そのお店で液晶画面を購入し、
自分で修理に挑戦しました。

液晶プロ

動画のとおりにネジを数本外し、ジャックを2カ所差し替えただけで
送料込み13,500円で元通りに!

何でも挑戦ですねひらめき

2012年07月31日

平成25年地価公示開始

先週から今週にかけて、平成25年1月1日の地価公示価格決定のための
第一回会議が全国各地で行われています。

私は埼玉県の熊谷周辺のエリアを担当しているため、
暑さで有名な熊谷まで会議に行ってきました。

atube.jpg
熊谷市シンボルキャラクター あつべえ です晴れ
暑さ倍増ですねあせあせ(飛び散る汗)

お面も販売中!


地価公示とは毎年1月1日時点の全国の土地価格を国土交通省が公表しているもので、
3月下旬ごろ発表されています。

地価公示価格は、土地取引の指標とされる価格で、実際の取引価格に近い価格となっています。
(※あくまでも目安となる価格です。実際の取引価格は需要と供給のバランスによって決まるため、
地価公示価格よりも安いものもあれば高いものもあります。)

また、
公共用地の買収価格等は地価公示価格をもとに算定され、
相続税路線価(地価公示価格の8割水準)、
固定資産税評価額(地価公示価格の7割水準)
決定の基礎にもなっています。

地価公示についての詳しい解説はこちら↓

ここがポイント地価公示(国土交通省)

ラベル:地価公示価格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。